インプラント

インプラントとは?

インプラント治療とは、歯の失われた部分の顎の骨に人工的な歯の根っこを埋め込み、その上にセラミックなどで作られた人工の歯を被せる治療方法です。

日常生活における違和感や痛みに悩まされることがないので、自分の歯と同じような感覚で、食事や会話を楽しむことができます。

インプラント治療イメージ

当院のインプラント治療の特徴

ガイデッドサージェリーを使用した、
  より安全で正確な埋入手術

事前のシュミレーションとガイドによる誘導で
より安全・確実になインプラント手術

従来のインプラント手術はCTによる検査・診断を行った後に歯肉を切開し、骨の状態を見ながら最適な埋入の位置・深さ・角度を歯科医師が見極めてインプラントを埋入手術を行っており、術者の技術や経験に大きく頼ってしまう方法でした。

当院のインプラント埋入手術はガイデッドサージェリーを使用した方法を採用しております。

CTによる検査・診断を行った後に、コンピューター状で患者様の歯や顎の骨を再現し、埋入のシュミレーションを行っております。
シュミレーションの結果、インプラントを埋入する最適な位置・深さ・角度を導き出し、埋入シュミレーションの結果を忠実に再現するためのガイドを作成いたします。

作成したガイドを用いて実際に埋入手術を行うことで、従来の様な医師の勘に頼ることなく、正確に、美しく手術を行うことが出来ます。

インプラント治療イメージ

インプラント治療の流れ

1. 診断・治療計画の作成

歯の状態や患者様のお悩みを丁寧にカウンセリングします。
患者様によって、失ってしまわれた歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、その大きさにより、最適な治療方法を選ばせていただきます。
歯科用CTでお口を立体的に撮影し、インプラントの治療計画を立てていきます。

診断・治療計画の作成イメージ
▼

2. コンピュータによる手術シュミレーション

CTで得られた3Dデータを用いてコンピューター上に患者様のお口の状態を完全に再現し、コンピュータ上でインプラント手術のシュミレーションを行い、インプラントの正しい埋入位置・角度・深さを計算していきます。

コンピュータによる手術シュミレーションイメージ
▼

3. ガイドの作製

手術のシュミレーションのデータを基に、手術用のガイド(型枠)を製作いたします。

ガイドの作製イメージ
▼

4. インプラント埋入手術

手術用のガイドを口に装着し、インプラント埋入手術を行います。
ガイドを使用することで、シュミレーションで計算した、正しい位置・角度・深さに正確にインプラントを埋入することが出来ます。
また、このガイドを使用することで、従来の約半分の時間で埋入手術を終えることが出来ます。

ガイドの作製イメージ