コラム

妊婦さんに優しい環境なので、安心して歯科健診 が受けられます

皆さんこんにちは。

周南市久米エリアにある「ひだまり歯科医院」です。

 

女性は妊娠すると体調に大きな変化が現れます。
お口もその例外ではありません。妊娠したらお口の健康状態についても注意が必要です。

 

妊娠中の方は「安定期」に入ってからの歯科健診がおすすめ

妊娠中の方が安心して歯科治療を受けることができるのは、つわりも治まり体調や胎児の状態も安定してくる「安定期」がおすすめです。
ちなみに妊娠初期(15週まで)は胎児への影響が考えられるため、そして妊娠後期(28週から)は診療台に体を預けた際にお腹が圧迫されて気分が悪くなる「仰臥位性低血圧」を起こす恐れがあるため歯科治療は避けたほうがよいでしょう。

 

妊娠中によくあるお口のトラブル

妊娠初期はつわりが原因で歯ブラシを口に入れるのもつらい……という方は多いのではないでしょうか。そうなると歯磨きが不十分となり、むし歯にかかりやすくなります。特に“吐きづわり”の傾向が強い方は、逆流した胃酸がお口の中を酸性にし、さらにむし歯リスクが高まってしまいます。
妊娠中はストレスにもさらされやすく、それによって唾液の分泌量が減る方も。分泌量が減るとむし歯リスクが高まるほか、細菌が繁殖してお口のネバつきや口臭の原因にもなります。
また、特に注意が必要なのは妊娠中の「歯肉炎」です。
妊娠中はホルモンの変化によって歯ぐきが腫れやすく(歯肉炎)、妊娠中期から後期にかけて悪化しやすくなります。
歯肉炎はいわゆる歯周病の初期症状です。歯ぐきに腫れや炎症を起こす歯周病菌は、血液によって全身に運ばれ、さまざまな全身疾患の原因となることが明らかになってきました。妊娠中の女性の場合、子宮へも運ばれ「早産」や「低体重児出産」を引き起こすこともあります。

 

妊娠中の歯科治療、胎児への影響は大丈夫?

妊娠中の女性が心配なのは歯科治療の胎児への影響ではないでしょうか。
歯科治療で使用するレントゲンの放射線量はごくわずかなうえ、照射場所は子宮から離れているので、胎児への影響はほとんどありません。
そして麻酔について。使用量もわずか、局所麻酔なので胎児への影響はありません。しかし、妊娠前に麻酔によるトラブルを経験している場合には医師とよく相談することが必要です。
妊娠初期はお薬の服用は避けたほうが良いのですが、母体も胎児も安定してくる妊娠中期以降では歯科治療で処方されるお薬を服用しても胎児への影響はないでしょう。
それでも不安がある場合は、歯科医師や薬剤師、産科の主治医に相談しましょう。

 

健康なお口で出産を迎えましょう!

妊娠中はむし歯や歯周病のリスクが高まります。もしむし歯が痛んでも、お薬を飲むことはためらわれる状態ですから、安定期に入ったら積極的に歯科医院を受診しましょう。
安心して出産を迎えられるよう、健康なお口に整えておきましょう。