コラム

インプラント、入れ歯、ブリッジ ――それぞれの評判を徹底比較

皆さんこんにちは。

周南市久米エリアにある「ひだまり歯科医院」です。

 

失った歯を補う方法として入れ歯、インプラント、ブリッジがありますが、どれを選んだらよいか迷ってしまうことでしょう。
そこで今回は、それぞれの特徴やメリット・デメリットを説明します。

 

歯を失ったままにしておくリスク

歯を失ったままにしておくと歯並びやかみ合わせが悪くなってしまいます。そしてむし歯や歯周病にかかるリスクが高くなるほか、発音障害、顔つきの変化、噛む力の低下による胃腸への負担などの影響が現れます。これらは「生活の質(QOL)」の低下へとつながりかねません。

 

入れ歯のメリット、デメリット

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があります。取り外しが可能です。

●メリット
部分入れ歯の場合、健康な歯にクラスプ(金属バネ)をかけて固定するため、基本的には健康な歯を削ったり、外科手術も必要がありません。

●デメリット
特に部分入れ歯の場合はクラスプが目立つことがあります。さらにクラスプを支える健康な歯にかなりの負担がかかります。
また、歯ぐきで入れ歯を支えるため、噛む力は低下。まれに痛みを生じることもあります。

 

インプラントのメリット、デメリット

インプラントは外科手術で顎の骨に人工歯根を埋め込み、これに人工歯を装着して失った歯を補います。

●メリット
自分の歯とほぼ変わらない見た目です。
人工歯根が骨としっかり結合しているのでよく噛めて、その噛み心地も自分の歯と変わらない感覚が得られます。

●デメリット
全身状態や年齢によっては手術できないことも。また、自費診療のため費用は高額です。
定期的なメンテナンスを怠ると、インプラントが脱落する原因となるインプラント周囲炎にかかりやすくなります。

 

ブリッジのメリット、デメリット

ブリッジは被せ物タイプの人工歯を両隣の歯を利用して固定します。

●メリット
見た目の違和感がありません。
自分の歯のような噛み心地で噛むことができます。

●デメリット
ブリッジを支える土台をつくるために、両隣の健康な歯を大きく削ります。また、3本以上連続して歯を失った場合は、ブリッジは使えません。
使用中、ブリッジを支える歯に大きな負担がかかります。
ブリッジは被せ物タイプの人工歯を両隣の歯を利用して固定します。

 

それぞれの特徴をもとに、自分に一番適切なものを選びましょう

入れ歯、インプラント、ブリッジについて、それぞれのメリット・デメリットをご紹介しました。当院ではさらにくわしい内容のご説明、ご相談もお受けしています。どうぞお気軽にご来院ください。