コラム

「歯周病」の進行度とその対処法、痛くない治療を心がける歯科医院

皆さんこんにちは。

周南市久米エリアにある「ひだまり歯科医院」です。

 

程度の差こそありますが、日本人成人の約80%が歯周病にかかっているといわれています。
初期の歯周病は自覚症状がほとんどないため、気づいたときには相当進行していることも……。そこで、進行度別におもな症状やその対処法をご説明したいと思います。

 

歯周病も軽度なら回復が可能です

歯周病の進行具合は軽度・中程度・重度と大きく3つに分けられます。
軽度の歯周病は、歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時に出血をみることがあります。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)は4~5mmの深さがあり、そこに歯周病菌が巣食う歯垢や歯石が溜まっていきます。この段階で歯垢や歯石をきちんと取り除き、常にお口を清潔な状態に保つことができれば、歯周病の進行を止めることが可能です。
まずは歯科医院で、歯周ポケット内の歯垢や歯石を取り除いてもらいましょう。あわせて正しいブラッシング方法やグッズなどを指導していますので、毎日のケアにしっかり取り入れることが重要です。
歯垢をしっかり落とすこと(プラークコントロール)が進行を止めるカギとなります。

 

中程度の歯周病は定期検診で状態を把握して

そして中程度ともなると、歯周ポケットは5~7mmまで深くなるため、歯ぐきの奥深くでも炎症が起き、膿が溜まります。歯ぐきが痩せていくので歯根が露出し、知覚過敏の症状が出ることも。さらに歯周病菌が出す毒素で歯を支える歯槽骨が溶けはじめます。
この段階になるとセルフケアによるプラークコントロールはできないうえ、何もしなければ歯を失う可能性が高まります。すぐにでも歯垢や歯石を取り除き、炎症を抑える処置を受けましょう。場合によっては、歯周ポケット奥深くの歯石は手術で取り除かなければならないこともあります。
定期検診を必ず受けて、歯周病が進行していないかこまめに確認しましょう。

 

重度まで進行すると、最終的には抜歯の場合も

重度の歯周病は歯槽骨の破壊が進んで歯がぐらつき、食事の最中や歯を指で押したりすると痛みを感じるようになります。そして歯槽骨がほとんどなくなってしまうと、歯が抜け落ちます。
ここまで進行すると外科手術や切開により歯垢や歯石、膿などを取り除いたうえで、できるだけ歯を残すための治療を行います。しかし、できる限りの治療を行っても歯を残せないという判断に至れば、最終的には抜歯することになります。

 

自覚症状がなくても歯科医院を受診しましょう

歯周病は軽度なら進行を止めることができますし、かかっていなければ予防ができる病気です。
歯周病の自覚がなくても、ぜひ一度、歯科医院を受診してお口の状態をすみずみまでチェックしましょう!