ブログ

被せ物の種類

2020年9月19日

こんにちは。ひだまり歯科医院です。

 

 

先日の台風は、皆さまご無事だったでしょうか?

台風が去ったせいか一段と涼しくなりましたね(^^♪

 

本日は被せ物のお話です。

 

笑うとチラチラ目立つ銀歯ってどうしても気になってしまいますよね。。。

 

 

 

 

中にはそれが原因で笑うときに口元を手で隠してしまう人や、自信をなくしてうまく笑えない方もいらっしゃいます。

 

 

 

それではせっかくの笑顔がもったいない!!

 

 

そんな人は思い切って銀歯を白くしてみるという治療法もあります。

 

本日は保険治療外の被せ物の種類を一つご説明していきたいと思います。

 

「ジルコニアは非常に優れています」

 

ジルコニアとは?

 

ジルコニアは非常に硬い材質で、審美性・耐久性に優れた素晴らしい素材のことです。

 

ダイヤモンドに近い硬度と屈折率をもつ美しさから、人工ダイヤとも呼ばれています。

 

なんと!!!

金属よりも硬く、粘り強さもあることから、スペースシャトルの外壁に使用されていることも知られています。

 

 

ガーランドのライン素材2

メリット

歯の色に似ているため見た目が良い(透明感がある)

経年による変色がほとんどない

硬い素材で割れにくく、ほとんどの部位に使用できるが奥歯に適している

金属を使用しないため、金属が溶け出すことによる歯茎の変色や金属アレルギーになる心配がない

プラーク(汚れ)がつきにくい

仮止めで様子を見ることができる

ガーランドのライン素材2

デメリット

色調はオールセラミックに劣る

デメリット保険適用外なので値段が高い

 

 

ガーランドのライン素材2

 

 

セラミックをしていて何度かかけてしまった方には、ジルコニアがお勧めです。

では欠けやすい人の特徴をみていきましょう。

ご自身に当てはまるものはございますか?

★歯が欠けやすい人の特徴★

1.歯ぎしりが強い

歯ぎしりは夜寝ているとき、無意識に長時間、歯を擦り減らしています。そのため、周りの歯の高さが減ってくるとセラミック部分だけが高くなり最後に欠けてしまいます。

 

 

2.食いしばりが強い

緊張していたり、何かに集中していると食いしばる方がいます。食いしばると顎が歪みいつも噛んでいないところが強く当たることがあります。そのためセラミックが欠けてしまいます。

3.奥歯がない

本来大きい奥歯は2本あります。1本が失われると残りの1本に大きな負担がかかりセラミックが欠けてしまうことがあります。

 

ひだまり歯科医院では、多様な素材を扱っております。

保険内治療でも保険外治療でもご相談いただき、患者様一人一人にあった被せ物をお作りいたします。

悩まれていらっしゃる方はぜひご相談ください。

 

次回はセラミックについてお話いたします。

 

寒暖の差が激しくなってまいりました。お身体には十分お気を付けください。